• HOME
  • Camera
  • カメラって高いよね第一弾!高いボディと安いボディの簡単な違い!

カメラって高いよね第一弾!高いボディと安いボディの簡単な違い!

一眼デビューしたいけど、どれ買えばいいんだよ!!!違いわかんないよ!!!っていう悩み、絶対あると思う。ほんで結局店員さんや友達に流されるまま1台目を買う人は後を絶ちません。
はっきり言うと、カメラメーカーごとの描写力の差は、金額が同じ帯であればほとんどありません。断言します。
その中で金額別に差別化をしながら、金額別で見ていこうと思う。


〜10万円


エントリーモデルと呼ばれるボディが多い。キットレンズも含めた金額でこのレンジに当てはまるものもある。
正直、この価格帯のモデルでも、無論そこらへんのスマホよりも綺麗に写真が撮れる。
軽量で性能に優れたミラーレスカメラや、ファインダーを覗いて写真をとる、従来のミラー一眼がある。
ここのレンジのカメラでも、しっかり光を捉えれば、美しい写真を撮ることは可能である。
だが光源の少ない夜に撮影すると、ノイズとよばれるちらつきが出るものが多い。

Nikon D3500 軽く、安く、エントリーモデルとして優秀だ。レンズセットで約45000円

10〜20万円


エントリーを卒業し、ステップアップして手を出すエリアがこのレンジのカメラである。
連写性能や逆光耐性、暗所でもノイズが出ないなど、特徴が出始める領域でもある。
フルサイズのエントリーモデルもこのレンジにあることが多い。
基本的にカメラに詳しくなってきた人や、2代目に購入するといったことが多い。

最近発売されたCANON EOS 90D 4Kで動画撮影も可能で、多くの人に受け入れられそうだ

20~45万円



ここら辺になってくると、機材オタクかフォトグラファープロの領域である。
メーカーごとのフラグシップまではいかないものの、妥協をほぼしていないカメラが多い。

SONY a7Rシリーズの最新である Mark iiii が発表された。解像度が6100万画素と、だいぶぶっ飛んでいる。それでいてノイズも乗りにくい仕様。間違いなくミラーレス業界を引っ張っていっているのはソニーだろう。

45~70万円



ここはもう、仙人のようなオタクか、売れっ子フォトグラファーか、資産を持て余したおじはんが手を出す領域のカメラである。
ここら辺になってくると、影像も綺麗に撮れるモデルが多い。
キャノンのフラグシップ機であるEOS 1DX Mark ii はオートフォーカス性能を追求し、結果カメラを動かすCPUを二つ搭載しているのだとか。。。
最新のパナソニックから出ている、60万円するフルサイズミラーレスカメラは6Kの影像が撮れる。

Canon EOS 1DX Mark ii 発売は2016年だが、4K60コマで映像も撮れ、オートフォーカスも優れていて、海外有名Youtuberはこのカメラををメイン映像用にしている人も多い。

正直1台目のボディをアップグレードするより、レンズをアップグレードないしは買い足す方が、いい写真を求めるステップアップとして、正解である。
ボディは壊れたり、2台同時進行で持ち歩く場合など、そういった用途で買い替えたり買い足す方が賢明だ。