• HOME
  • Camera
  • 不動産VRがもっと便利に!RICOH THETA SC2 for Businessが3月中旬に発売

不動産VRがもっと便利に!RICOH THETA SC2 for Businessが3月中旬に発売

株式会社リコーは、ワンショットで360°の静止画や動画を撮影できる360°カメラRICOH THETAのエントリー機種「RICOH THETA SC2」のビジネス向けモデルとして、「RICOH THETA SC2 for Business」3月中旬に発売します。

RICOH THETAは、2013年に世界初の360°カメラとして発売。これまでの映像表現の常識を超える新たな可能性を秘めたツールとして、さまざまな様々な分野で利用されてきました。特に不動産分野での活用は非常に有用で、実際に体験した方も多いのではないでしょうか。

上記の動画のようなVR内見ができることによって、今までは実際の物件にわざわざ行かないと分からなかった雰囲気やスケール感が一発でわかるようになりました

今後も360°映像に対応するビジネス市場における360°の映像に対するニーズの増加などを受け、RICOH THETAに代表される360°カメラや関連する技術に対する需要は、今後ますます拡大すると想定されています。

こうした状況の中、今回発売されるRICOH THETA SC2 for Business。ビジネス向けモデル専用のグレーの本体色です。そして、室内や車内の撮影に適したHDRで撮影ができるプリセット『Room』を搭載しています。Room使用時にはフロントレンズとリアレンズで時間差をつけて撮影するセルフタイマー機能(TimeShift)が使用可能。

これにより、室内を撮影することが多い不動産業や、車内を撮影することの多い自動車販売業などのビジネスユースにて使い勝手のよいモデルです。(撮影者は三脚などにTHETAを固定し、撮影していない方のレンズ側に移動することで、画像に映り込むのを防ぐことができます。)

ビジネス向けモデルとなるため、顔検出モードや夜景モード、車窓モードなどのコンシューマー版向けの機能は搭載しないとのこと。

RICOH THETA SC2 for Businessのスペックは、「RICOH THETA SC2」と同様に、約1400万画素に相当する360°の全天球静止画。そして、4K30fps(3840×1920)相当の全天球動画撮影に対応しています。

本体下部にある有機ELディスプレイにより、設定モードや電池残量などの各種情報が一目で確認できる状態表示ほか、セルフタイマーモードへの切り替えボタンが搭載され、カメラ単体での操作が便利です。

スペック詳細等の確認は公式サイトをご覧ください。

http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2020/20200205_028480.html