• HOME
  • Travel
  • タクシー配車アプリGrabの正しい使い方、東南アジアでもう迷わない!!

タクシー配車アプリGrabの正しい使い方、東南アジアでもう迷わない!!

慣れない土地でタクシーを呼ぶって以外とストレス…。特に空港では、その土地にまだ慣れていない旅行者を狙った悪質なぼったくり等が横行します。今回、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジアで使える配車アプリGrabを使ってみたら、未然にぼったくりを防げたり、現金払いがいらなかったり等でストレスフリーの大活躍だったので、紹介します。

【旅行前に確認】Grabを使用したい時に迷いやすい2つのこと!

注意!Grabを使用するには出国前に電話番号登録が必要

Grabを使うには、日本国内で電話番号の登録を済ましておく必要があります。これは、Uber等でも同じ。先に登録しておきさえすれば、現地で電話番号付きのSIMカード等を購入する必要がありません。必ず先に済ませておきましょう。この工程をすっ飛ばすと、アプリを現地で使えなくなってしまうので注意してください。

注意!クレジットカードは現地に着いてからでないと登録できない。

アカウント画面からクレカ登録を行いたいところですが、国内でクレジットカードの登録は完了できません。現地に着いてからクレカを登録してください。

いざ実践!!!

今回、ベトナムのリゾート地・ダナンに到着しました。ダナンは、観光地が点在しているため、タクシーでの移動が基本となります。では早速、使ってみましょう!!

ダナン国際空港のタクシー乗り場は、空港を出て3番4番ゲート。普通にタクシーに乗るのもアリなのですが、ベトナムではどのタクシー会社に乗るかでぼったくり遭遇率が大きくかわるため、Grabを使ってしまうのがおすすめ。正規のタクシーに似せた偽物タクシーも走っています…笑

HOME → Car →行き先を指定して、Booking the Grabという緑のボタンを選択するだけで予約は完了します。予約が完了すると『Driver is nearby(タクシーは近くに来てるよ!』と表示されます。

右下のチャット機能で、ドライバーがタクシーを待っている私たちを探せずに『どこにいるの?』と聞いてくることがあるので、目印になるようなものの前で待っていると説明しやすいです。

ダナン空港からホテルまでの注意と対策

ホイアンには、俺が乗せて行く!!

これはダナン特有の情報ですが、タクシーに乗っている時に『君はホイアンに行くの??行くんだったら明日乗せてってあげるから呼んでくれよな!』って感じでタクシーに乗っている間中押し売りを聞かなくてはいけません(超面倒)

基本的な手口は、ダナンから45分のところにある世界遺産の街、ホイアンに連れて行くためにタクシー運転手はありとあらゆる手段を尽くします。

「LINEやってる?」「スナチャやってる??」という感じで明るく声を掛けられますが、基本的にはNO!と言いましょう。ホイアンに行く?と言われてもNO!というのが望ましいです。今回は、ちょっとした取材も兼ねていたので、ひっかかってみました笑

 タクシー運転手にLINEを教えてみたところ笑。上のメッセージは消してしまいましたが、LINE上でもめちゃめちゃ電話も掛けてきます。めんどい!だけど、安心してください。さっさとブロックしてしまえば全然問題ありません!!

空港使用料を払って欲しい

Grabを使っても、追加でお金を取られる場合が空港からホテルまで送ってもらった場合に発生します。降りようとすると、「空港使用料を払ってくれ!」と言われます。

本音:おいおいおい笑

基本的にはGrabはそのまま乗って、クレカで支払いなのでそのまま降りれるのがストレスフリーでいいところ。後からちょいちょい言われて諸々払わされるのはちょっと…笑 1万5千ドン(70円)なので払いましたけど、訳のわからない追加料金はストレスですよね。

実際に筆者はダナンに5日程いましたが、Grabのクレカ支払いで追加で払ったのはここぐらい。実際に空港エントランスに車の入場料を徴収する場所があり、普通に必要な価格だったみたいです。帰りのタクシーでは、払いませんでしたけど!

解決方法

ダナンでタクシーを乗る場合のストレスは上記2つほどでした。しかし、ホイアンの押し売りは、自分が目的地に着く前に勝手に車を止めてタクシー運転手が交渉を始めてきたりと、非常にやめて欲しい。慣れてくると「もういいから、とにかく目的地まで連れてってくれ!」とあからさまに不機嫌になってブーブー言えばいいのですが、それも結構ストレス。そんな事態になりにくい方法を紹介します。

7SEATS車を予約する

運転手の格が違う

Grabでは、目的地を設定した後にどんな車で送ってもらいたいのかを設定することができます。ここの設定画面で、7 SEATSという大きめの車を選択することは非常に良い選択だと言えます。来る車は三菱のアウトランダーぐらいのサイズ。

ドライバーは、英語も喋れるお金持ちそうなおじさん。ホイアンやダナンの歴史について語ってくれたりします。他には家の車でバイトしてる大学生など、乗っている人種が違います。ちなみに普通のタクシーは、ボロボロのヒュンダイに乗った刺青のお兄ちゃんなど笑 7SEATS車のドライバーは基本的に車内では静かにしてくれるので、割とリラックスできます(話しかけてきても、クソな押し売りはほぼない)。慣れていない方もそうでない方も、7SEATSを使えばほぼ間違いありません。ちなみに値段はそこまで変わりません。むしろ、安い方を選ぶとおつりを返さないおっちゃんや追加料金を要求するお兄ちゃんの遭遇確率が高まるので、実はコスパも非常に高いです。

クレカ払いで便利

7SEATS車は、基本的にクレカ払いなのも良いところ。7SEATS以外で配車すると、キャッシュオンリーの車もいます。特にまだついたばかりで、金銭感覚が身についていないと、2万ドンの請求で、20万ドン払っておつりが無かったりなんて事は多々あるので、気をつけてください。タクシーの場合は、メーターに131と書いてあったら、そこに0を3つつけて、131,000ドンという訳です。13万1千ドンの支払いで131万ドンとか出さないでくださいね!口頭では、131K(キロ)と言われます。特に着いたばかりの時など、大きめなお金を持っていると、全然おつりくれません。7SEATSの車はクレカ払いが基本なので、支払いで問題が起こりません。

車種指定ができない場合は?

車種指定ができない場合、Grabに登録している地元の謎タクシーが私たちを迎えにきます。例えGrabを使っても、彼らにはクレカ払いは通用しません。だからと言って、Grabを使わないでタクシーを呼ぶのは自殺行為。普通のタクシーもアプリで呼ぶメリットがあります。

ホイアンは夜が見頃。ナイトマーケット等もあり、夜中までついつい遊んでしまいました。

さて帰ろうと思うと、場所は指定できたものの、いつもの7SEATS車の指定ができない…。ひとまず帰らなくてはいけないのでとりあえずタクシーを呼んでみました。

ここからが恐怖…笑。まだ半分も言ってないのに500,000ドン!!!これが最終的に800,000ドンになりました。

ホイアンまでのGrabの推定価格は422,000〜464,000ドン。メーターは約倍の値段を表示していましたが、この画面を運転手に見せることによって、464,000ドンで解放されました。乗っている時はめちゃめちゃ恐怖でしたけど!!

ちなみに上の画像では、現在乗っているタクシーがクレカ払いなのか、現金払いなのかも確認できます。先ほど記述したように7SEATSであれば、基本クレカなのですが、そうでないタクシーはキャッシュの方が多かった印象です。