• HOME
  • Camera
  • Lマウントに新鋭登場! Leica SL2発表されたけど、されたけど、、、

Lマウントに新鋭登場! Leica SL2発表されたけど、されたけど、、、

Lマウント、キてるねぇ〜!

ドイツのカメラブランドLeicaから、フルサイズLマウントのカメラ『LEICA SL2』が発表された。

スペック詳細

– センサー:47.3MP フルサイズ
– 画像処理エンジン:Maestro III
– バッファーメモリ:4GB、DNGで78枚、JPEGで100枚
– ストレージ:UHS-II対応、SD/SDHC/SDXC
– ボディ素材:アルミニウムとマグネシウムの総金属製、防塵防滴
– 端子:HDMI 2.0n TypeA、USB3.1 Gen1 TypeC、マイク端子、ヘッドホン端子、マルチファンクションハンドグリップ用インターフェース
– 色深度:DNG14bit、JPEG8bit
– 動画:MOVで5K 29.97fps、C4K 59.94fps、4K 59.94fps、FHD180fps、MP4で4K 59.94fps、フルHD 180fps
– 動画はSDカードに8/10bit、HDMI出力で10bit
– ビデオガンマ:Rec.709。L-LOG Rec.2020、HLG Rec.2020
– EVF:576万ドット、120fps、倍率0.78倍、アイレリーフ21mm
– 背面液晶:3.2インチ210万ドット、タッチパネル
– シャッター:メカシャッター30-1/8000秒、電子シャッター1秒-1/40000秒、シンクロ1/250秒
– 連写:Low3コマ/秒、Medium6コマ/秒、High 10コマ/秒(AFc/AE/WB追従なし)、電子シャッター20コマ/秒(AFc/AE/WB追従なし)
– ISO:マニュアルで50-50000、Autoで100-50000
– Wifi、Bluetooth
– 大きさ:146 x 107 x 42
– 重さ:835グラム

スペックは素晴らしいの一言に尽きるが、気になるのは値段だ。

ボディのみで80万を超えてくる。ライカ価格だ。

また、スペックを見る限り、映像にも力を入れていることがよくわかる。

5K撮影可能で、MOVで保存できるとなると、敵対するモデルはPanasonic S1Hになるのだろうか。

Lumix S1Hを上から見た写真

今回ライカから発売される、SL2はというと、、、

デザインが整っていることはよくわかるが、とても似ている。。。

共同開発しているので、似るのもわかるが。。。値段とスペックのことを考えたらLumix S1H買っちゃうよね。。。