• HOME
  • Gadget
  • カメラで選ぶならiPhone 11!!Google Pixel 4と徹底カメラ比較

カメラで選ぶならiPhone 11!!Google Pixel 4と徹底カメラ比較

天の川写真が撮影できると話題のGoogle Pixel4ですが、その性能は一体どれ程のものなのでしょうか。スペックに惑わされずに、実際に画像で比較してみましょう!

今回、イギリスのガジェット系YouTuber SuperSaf氏が検証した40分程の動画一部抜粋して紹介します。使用機材はGoogle Pixel 4 XLiPhone 11 Pro Maxで比較します。

ちなみに価格差は、

iPhone 11 Pro : 117,480円(64GB) / 135,080円(256GB)  VS Pixel4 : 89,980円(64GB)/ 103,950円(128GB)

iPhone 11 Pro Max : 131,780円(64GB) / 149,380円(256GB) VS Pixel4 XL: 116,600円(64GB)/ 128,700円(128GB)



こんな感じ。iPhoneの方が高めです。iPhone Proは「超広角+広角」のデュアルカメラ、iPhone 11 Pro Maxは「超広角+広角+望遠」のトリプルカメラを搭載しています。

今回画像比較で使用するiPhoneはPro Maxですが、ProとPro Maxの違いは望遠レンズの有無で、写真のクオリティに違いはあまり見られません。

超ワイドで撮影する。

標準ズームぐらいで撮影する場合なら、どちらがどちらなのか色温度の違いはあれど、ほとんど分かりません。

下の画像を比較してみてください。

しかし同じ場所から広角撮影した場合、どこまで画面に入るのかが大きく異なります。

超ワイドな写真を撮影したい場合では、差は歴然です。

iPhone 11 Pro Max(右)の大勝利。

Google Pixel 4 も技術的には何枚も写真を組み合わせて、

同じような写真をパノラマモードで撮影可能ですが、

それはそれで手間かかりそうですよね。

光学ズームで撮影する

お次はこちらの写真。

普通に撮影するだけならこちらもドローといったところ。

どちらがどちらの写真なのかはあまり差はありません。

どちらのカメラにも望遠レンズがついていますが、光学2倍ズームを使用した場合では双方建物の窓までよく見えています。

水や色味などを比較すると写真の解像感はiPhoneの方が高い印象があり、さすがはハードをつくり続けてきたApple。

ダイナミックレンジ撮影

逆光の場合などに、人物が真っ暗になってしまうような写真を防ぐことができるダイナミックレンジ撮影で比較してみます。

こちらでは一体どのような違いが出るのでしょうか。

左がPixel4で、右がiPhone 11 Pro Maxです。Pixel4の方が影の部分にノイズが多いことが見てとれます。

一昔前までは、こういった窓の前に人がいるシチュエーションではどちらかが真っ暗になってしまいデジカメでも撮影できたものではありませんでした。

しかし、技術の進歩は速いですね。

特にiPhoneは10からのスマートHDRを採用して以来、こういったHDR写真が非常に綺麗に撮影できるようになりました。

夜景を撮る

今度は夜景を撮影したもの。Pixelは天の川まで撮れるとのことですが、こちらでもノイズが目立ちます。次の写真に行ってみましょう。

以上、iPhone 11 pro MaxとPixel4の画像比較でした。あなたはどちらがお好みだったでしょうか?基本的にはiPhoneの方が写真のクオリティは高いですが、所々で差が見分けられないものもありました。写真で携帯を選ぶ場合ならiPhoneの方が良いかもしれません。

参考:https://www.youtube.com/watch?v=ZpC43k5CTsw&t=1514s