• HOME
  • Movie
  • イルカを食す日本人を撮影している、日本で公開されることのなかったドキュメンタリー映画とは

イルカを食す日本人を撮影している、日本で公開されることのなかったドキュメンタリー映画とは

日本では馴染みのある捕鯨、だがこの正体はイルカの肉であるということを知らない人もいるだろう。

この、THE COVEという映画では、イルカ漁を強く避難し、世界からバッシングを浴びた日本を舞台に、ドキュメンタリーが撮影されている。

ドキュメンタリー映画なので、演者が芝居をするということはない。すべてドキュメンタリーなのだ。

撮影は和歌山の太地町で行われた。イルカ漁で有名な町だ。だが殆どの町民はイルカを食べていることすら知らなかったのだ。なぜなら、スーパーに商品として並ぶと、クジラという扱いになるからだ。

描写はとてもグロテスクだ。逃げ回るイルカに、漁師が次々とやりで刺していく描写がある。とてもきつい。

日本で公開されることはなかったが、2009年に、長編ドキュメンタリー部門でアカデミー賞を受賞したことで、日本にも情報が少しづつ入ってきた。だが、情報が入ってこないように日本の政界トップの人たちが情報統制はしたと思う。現代の中国のように。

このように、日本人として日本に住んでいると、海外から避難される日本についての情報をキャッチすることは大変難しい。だが、このように作品として公開されると本当に参考になり、日本人として日本を客観視できるので、今後もコンテンツとして外国人には発信していただきたい。