• HOME
  • Life
  • 新型コロナウイルスの対策を世界で比較してみた。そしたら、日本は何も対策してないことがわかった。

新型コロナウイルスの対策を世界で比較してみた。そしたら、日本は何も対策してないことがわかった。

ウイルスが蔓延すると、マスクをつけたがる日本社会。

気持ちはわかるが、コロナウイルスはマスクで対策できないことがもう科学的にも証明されているのにも関わらず、コロナウイルス予防としてマスクを着用している人が多い。

マスクつけてる=安全みたいな風潮がまずおかしい

先ほども軽く触れたが、コロナウイルスは咳やくしゃみなどで移る、飛沫感染ではない。空気中にウヨウヨ湧いていて、マスクをすり抜けて感染してしまうのだ。

現在5次感染が確認されている。だが飛沫感染ではない以上、感染経路をトラッキングできなくなる時期がくるのは時間の問題だろう。

それにしても、日本人はマスクに対する絶大な信頼を寄せている。

海外ではマスクをつけている人は基本、風邪の菌を保有していて、周りの人に移さないためにマスクをつけているのである。

だが、日本では予防としてマスクをつける文化が定着していて、顔の半分は隠れた状態で街中を歩くことが当たり前となっている。

個人レベルで予防できることが、何もない

だけど何もするわけにはいかないから、マスクをつけておこう。

という考えでマスクをつける人の気持ちがよくわかる。

だがしかしマスクは無意味であることがわかっているので、実質個人でコロナウイルス対策できるものは、本当に何もないだろう。

このままでは地下鉄サリン事件の二の前になってしまわないだろうか。

まだコロナウイルスは東京で蔓延しきっていないが、通勤ラッシュの電車で蔓延したら、地下鉄サリン事件のように蔓延し、コロナウイルスが東京中を埋め尽くすだろう。

そんなことは誰でも簡単に想像ができるものなのに、誰も交通機関をストップしようーとか、出社禁止にしようーとか、そういうような風潮が何もない。

この原因は、コロナウイルスを誰も主体的に問題視できておらず、対岸の火事のように扱っているからだ。

だが蓋を開けてみれば、ウイルスはもうすぐそこまでウヨウヨきている。いつ誰が感染するかわからない。感染経路ももうはっきりしなくなってきたのだから。

香港の学校は、全て登校禁止になっている

中国から陸続きの国、香港では、学校が全部登校禁止になっていて、誰も学校にいくことはできない。

香港では以前SARSが大流行した際に死者がたくさん出ているため、この教訓を生かして学生は登校禁止になっている。

だが日本もそれと同じ経験をしてからではないと、あの満員電車を止めたりすることはできないのだろうか。

本当に日本、このままで大丈夫か

ウイルスが蔓延するのは、時間の問題だ。

免疫力のある若い人は比較的安全だが、体力的にもきつい老人とっては相当きついだろう。

2世帯住宅で生活をしていて、若者がウイルスを家に持ち運び、家族内で蔓延させ、祖父や祖母が死んでしまったら、どう思いますか。

もっと日本人はコロナウイルスについて主体性をもって問題視した方が良い。

満員電車、人口密度、なぜかF2F (実際に顔を合わせて) で会議をしたがるお偉いさん。

全て変わるべきだ。