• HOME
  • Camera
  • 個別にカメラを持つ時代はもう終わった!?自動写真が絶対今後のトレンドになる!!

個別にカメラを持つ時代はもう終わった!?自動写真が絶対今後のトレンドになる!!

デザインスタジオのMiraは、博物館、スポーツアリーナ、その他の公共施設向けの自動カメラシステムであるMira Camを開発しました。Miraは、デジタルテクノロジーとハードウェアの研究開発を行うであるデザイン会社Cactusの派生企業で、ニューヨーク・ブルックリンとマイアミに拠点を置いています。

このシステムにより、人々は個別のカメラを使用せずに、ソーシャルメディア用の「完璧なセルフィー」を撮影が可能です。 Miraの究極の目的は、人々がカメラを捨て、経験や体験の方によりフォーカスできるように促すことです。

設計開発チームは、「経験や体験自体を中断することなく、簡単な方法で撮影できる」システムを発明しようとしました。

ミラの共同設立者であり、最高ブランド責任者であるノア・ワックスマンは、プレスリリースで次のように述べています。 「彼らは完璧なInstagramショットを撮影しようとして非常に忙しかったので、周囲と完全に関わることができませんでした。」

Mira Camシステムは「直感的でシンプル」に設計されています。 自動化された電動カメラは、訪問者が写真を撮りたい場所の壁、天井、床、その他の表面に取り付けられています。 同社はまた、カメラを「ほぼどこにでも」配置できることに留意して、自立型バージョンも提供しています。

良好な照明条件を確保するために、プロ級のフラッシュがスペース全体に組み込まれています。 「Miraは、各環境と構成に合わせて個別に調整され、会社のロゴや透かしでブランド化することさえできます」と同社は語ります

訪問者は、ワイヤレス「トリガー」デバイス(カードに刻印されたQRコードまたは無線周波数識別(RFID)テクノロジーを搭載したブレスレット)を使用してカメラを起動します。 床のマーカーは、写真を撮ったり、短いビデオを撮るのに理想的な場所を示しています。

「彼らは、トリガーを使用して、カメラシステムがセットアップされているあらゆるスペースでMiraをアクティブ化させることができます」と同社は言いました。 「トリガーがアクティブになると、プレビュー画面がカウントダウンと連動し、訪問者が完璧なショットを撮影できます。」

カメラは、GIFやタイムラプスビデオなどの写真やビデオを生成できます。 画像とビデオは、後で見るためにプライベートなオンラインギャラリーに保存されるほか、ゲストのメールアドレスまたは携帯電話に即座に送信されます。

「デジタルアルバムは、ドキュメントを作成するのにどれだけの時間と労力を費やしたかではなく、この体験をどのように楽しんだかを思い出させてくれます。

このシステムはすでに、スライム関連の子供向けプレイスペースであるニューヨークのSlime Instituteや、複数の都市で展示されているインタラクティブな展示会である Color Factoryなど、いくつかの会場に設置されています。

他の画像キャプチャテクノロジーには、Googleのハンズフリークリップである『Google Clips』などがあります。これは、人工知能を使用して適切なショットを撮影するタイミングを学習し、起動すると後はカメラ自身がベストショットを判断して撮影してくれます。

ディズニーランドや世界中の観光地に自動カメラが設置される日はそんなに遠くはないはずです。

<参考>dezeen