• HOME
  • Art
  • マイアミビーチの砂の交通渋滞は、なぜ作られたのか。

マイアミビーチの砂の交通渋滞は、なぜ作られたのか。

アルゼンチンのアーティストLeandro Erlich 氏が、66台の車とトラックをマイアミビーチにて砂で制作しました。この作品は、気候変動危機の認識を高めるため、マイアミビーチ交通渋滞に似せて作られました。

中央分離帯で、分割された2列の車両で構成されている本作品。車両は、圧縮した砂で作られているように見えますが、Erlich氏は、作品に使用したものを正確には公表していません。

ほとんどの車両は、部分的に砂に埋もれています。これは地球温暖化による海面上昇で、水没することを示唆しています。

「気候変動とその結果は、もはや見通しや意見の問題ではありません」とErlich氏は話します。 「気候危機は、即時の解決策を必要とする客観的な問題になりました。」

「アーティストとして、私は人々にこの現実を認識させるために常に奮闘しています」と彼は付け加えました。 特に私たちは、地球を保護する責任から離れることはできないと考えているとのこと。

マイアミは、気候危機によって引き起こされる海面上昇の脅威にさらされている沿岸都市の1つであり、すでに洪水に見舞われています。