• HOME
  • Camera
  • Youtuberデビューしたい人必見!!!!
Youtuberはカメラより、一銭も使わずに実践できるライティングに力を入れるべき理由

Youtuberデビューしたい人必見!!!!
Youtuberはカメラより、一銭も使わずに実践できるライティングに力を入れるべき理由

日々の記録として動画をとりアップロードして、再生回数稼いで、お金稼ぎたいと思っている方は必見だ。

この動画では、お金を一銭も使わずに実践できる、ライティング技術をお伝えしたい。



この動画を紹介したい背景に、スマホのカメラの性能がぐぐっと上がり、描写力も素晴らしいものになってきた。

スマホでyoutuberを始めている人も多いだろう。

だが現状、一眼レフを使用して撮影している人が圧倒的に多い。



だが、正直、本当にこれ一眼で撮ってるの?って思ってしまうような、画質の荒い映像も多い。



それの主な原因は、カメラの性能ではなく、ライティングにあるのだ。



その中で、一人のYoutuberを紹介しながら、ライティングに力を入れる理由を紹介したい。


この、DIYをメインに活動されているHaLkichiさん、映像のカット技術や編集技術もとても長けていて、とても面白い。
DIYをしたことがない筆者でも、楽しく何度も観れる。映像も綺麗だ。

画面右から天然光が差し込んでいる様子がわかる

だが、注目してほしいのは、この動画で彼が使っているカメラだ。
映像もきれいだし、お高いんでしょ~と言われてしまうかもしれないが、なんと、

カメラボディ・・・Nikon D3300 (中古で2万円以下)

レンズ・・・NIKKOR 35mm F1.8(中古で1万円程度)



中古で合計約3万円のカメラだ。

この結果から、映像美には、カメラのクオリティより、ライティングの方が大切であることの仮説が立てられる。


エントリーモデルの一眼レフでも新品で10万円以上するものもある。
ではなぜ彼の映像はすごい綺麗に見えるのかというと、



天然光(太陽光)の取り入れ方がとてもうまいからだ。



カーテンをかけて光を柔らかくし、影が落ちにくいようにしている。

この光こそが、この映像美を要なのだ。

本当に美しい。スマホで録画しても問題ないだろう。



このライティング環境を作り出せれば、カメラはたとえスマホでも問題ないだろう。



編集技術も描写の美しさでカバーされ、多少中身が薄くてもカバーできるのではないだろうか。

ちなみにこの方は全て、iPhoneで動画制作されている。

映像は綺麗です。スマホ感がほぼしないです。