• HOME
  • Camera
  • 6K撮れる最強ミラーレス機 Lumix S1H 2つの問題点

6K撮れる最強ミラーレス機 Lumix S1H 2つの問題点

アーリーアダプターとしてはありなのかも。

この度 Panasonic から発売された、6K撮影可能なフルサイズミラーレス一眼のレビュー動画

がYoutubeに様々アップされはじめた。

こちらに搭載されている、新型Lマウントもレンズ本数が伸びてきていて、盛り上がってきている。

だが、ネックなのはまず、ボディの販売価格だ。

新品で60万円以上する。

このカメラを待ちに待った人にとっては買い、なのかもしれないが、レンズもまだ比較的高く、フルサイズ6Kを安易に導入することは難しいだろう。

APS-Cフォーマットだと半分の価格で済む。

問題点はもう一つある。

オートフォーカス問題だ。

これは Panasonic 製のカメラ全般に言えるものなのだが、すこぶるオートフォーカスが弱い。

マニュアルオンリーで取り切る映像作家には何も問題点はないのだが、

オートフォーカス頼りで映像を撮る人にはこちらのカメラは向かないだろう。

参考にさせていただいた動画