• HOME
  • Camera
  • Carl Zeiss製フルサイズコンデジのスペック公開!Lightroom内臓!楽しみなのだが許せない理由がある

Carl Zeiss製フルサイズコンデジのスペック公開!Lightroom内臓!楽しみなのだが許せない理由がある

正直、とても楽しみにしていた。のだが。。。

ソニーのRX1シリーズ、ライカのQシリーズと、フルサイズのコンデジは実はすでにあるが、性能がゆえに値段が異次元に高く、コンデジと名乗るのはふさわしくないのではとすら思う。

まだ価格は正式に発表されていないが、40万円を超えてくるとの予想が立っている。

こちらには世界シェア1位のAdobe Lightroomが内臓され、カメラのタッチスクリーンを駆使して色の補正ができてしまうのだ。また、wifi経由でSNSにアップロードもでき、カメラ一台ですべてが完結する。

スペックは以下の通りだ。

レンズ:ディスタゴン 35mmF2(8枚5群)

解像度:3740万画素

フルサイズ

ISO:80〜51200

シャッタースピード:1/8000〜30秒

重さ:〜800g

ディスプレイ:4.24インチ / 1,280×720px

EVF:0.7インチOLED / 1,920×1,080px

動画:4K30p、FHD60p(RAW、jpg、mp4)

バッテリー:3,190mAh

512GB内臓メモリ

NFC内蔵、Lightroom CC内蔵

コンパクトによく収まっている印象がある

楽しみな機能が盛りだくさんだ。だが、正直不可解な点もある。

動画をRAWで撮れることは嬉しい。だが、内臓メモリ512GB内臓メモリではすぐにいっぱいになってしまわないだろうか。

フルサイズで、それなりに画素数もあり、正直楽しみなカメラだ。だが、Lightroomを搭載する必要は本当にあるのだろうか。PCに転送してから色彩補正の流れでよくないか?画面も大きくはっきり見えるし・・・

正直、価格が高すぎる。中身は確かに素晴らしいスペックだ。描写も素晴らしいだろう。だが、撮影された写真を見る側は、その写真を見ているわけで、カメラのスペックを見ているわけではない。

レンズ交換式でなかったり、コンデジ枠に入るあたりなど、確実にプロ向けではないことがわかる。しがないサラリーマンではこのカメラを買うことは難しいかもしれない。