• HOME
  • Design
  • 原稿の2色分解をやってみる!プロセスカラーが残らない方法とは?

原稿の2色分解をやってみる!プロセスカラーが残らない方法とは?

制作した版を2色分解する場合、特色ではない色が残っていないか確認するときどうしていますか?今回は、2色分解する時のチップスを紹介していきます。

分版プレビュー

一番オーソドックスなのは、ウィンドウ→分版プレビューから使われている色をプレビューする方法です。

この分版プレビューを使うことで、特色以外の色が残っていないか確認することができます。こんな風に、プロセスカラーやDIC15Sを表示を消してみましょう。

①プロセスカラーの表示を消す。

 

 

②特色を消す。

 

プリント出力から確認する

2色分解の場合は、プロセスカラーが残ってしまいっていないか確認することが重要です。プリント出力画面を開いて、左のパネルから出力。色分解(Illustrator)を選択します。

すると、使用されている色がインキオプションに表示されます。2色分解では、ほんのわずかなプロセスカラーが残っていたりすると、印刷所から返されたりしてしまうので、ここで全てのプロセスカラーがなくなってることを確認しましょう。一旦、プロセスカラーを削除します。

原稿からプロセスカラーの印刷マークが消えました。成功です。下記画像のように1%のイエローが残っていても…

ちゃんと気づいてくれます。優秀ですね!

 

分版プレビューだけ確認していると見落とすことが多いので、印刷プレビューも是非活用してみてくださいね!